おおさかブログ

生活

【登記】住宅ローン返済後の抵当権抹消登記を自分でする場合

住宅ローンを返済し終わったあとの抵当権抹消登記を自分でする場合、どんなことをどんな流れでやるのか?

抵当権抹消

法務局に行くと登記相談コーナーがあります。ここに相談に来ている人で多いのが、抵当権抹消登記です。

抵当権抹消登記は、住宅ローン返済後に必要な手続きで、自宅についた担保を外す作業になります。

自分でこれからやってみようかな?と思っている人に、どんな手続を、どんな流れでやっていくのか見てもらえればと思います。

抵当権抹消登記の流れ

  • 銀行から完済のお知らせ書類が届く
  • 抵当権解除証書の必要事項を埋める
  • 委任状の日付や代理人欄を埋める
  • 登記申請書を作る
  • 原本還付処理をする
  • 法務局に申請する
  • 法務局から書類を引き上げる
  • 登記簿を取得して確認する
  • 銀行に返却書類を郵送する

一般的な抵当権抹消登記は概ねこのような作業をして完了します。

では、各作業の詳細を見ていきます。

銀行から完済のお知らせ書類が届く

住宅ローン系では普通は、銀行から抵当権抹消関係の書類一式が郵送で届きます。

この中には、以下の書類が入っているはずです。

  • 抵当権設定契約証書
  • 抵当権解除証書(放棄証書だったり、弁済証書だったりいろいろ)
  • 委任状(銀行の代表者からのもの。代理人欄が空白になっているはず)
  • 代表者事項証明書(現在事項一部証明書だったりいろいろ)
  • ※登記済権利証(法務局のハンコが押されたもの)
  • ※登記識別情報通知(緑色のシールが貼られた薄緑の書類)

基本的にはこれらで、※印のものはどちらか一方だけ入っています。

書類お届け案内の一覧に書いてある書類がちゃんと入っているか?解除証書や委任状の代表者の横に印鑑が押されているか確認しましょう。

抵当権解除証書の必要事項を埋める

大体埋まっているかと思いますが、かなり空欄になっていることもあります。

書類の発行日、解除日、抹消する抵当権の法務局受付番号などを埋めて完成させます。

物件が書いていないパターンもあります。この場合、ほとんどの家庭の場合、買った当時と不動産の表示が変わっていることはないので、抵当権設定契約書の物件をそのまま写せばいけるはずです。

司法書士に依頼した場合、最新の登記簿を取得してやりますが、個人の人の場合、これをやらずにそのまま写すことで済ませている人も多いと思います。登記簿はなくてもできはしますが、基本は取るのが筋です。

委任状の日付や代理人欄を埋める

登記は基本的に、権利者と義務者という2つの立場の人が協力して行うものです。

抵当権抹消登記の場合、権利者はお金を借りていた人、義務者は銀行になります。そして、この人達が自分でもってして登記申請を行うのが基本です。

ですが、銀行の代表者が音手に出てきてこの作業をしてくれることなんてありません。そこで、委任状を発行して、代理してもらうように準備しています。そのための委任状です。

委任状は日付部分と代理人の氏名欄が空欄になっていることが多いと思います。

自分で抵当権抹消登記をする場合は、銀行から自分に委任された形をとります。

登記申請書を作る

以上の書類をもってして、抵当権抹消登記の申請書を作成します。

ひな形はネットに一杯転がっていますので、対応した部分を書き換えるだけです。

原本還付処理をする

銀行から一部書類は原本還付して返してくれという案内になっている場合があります。また、手元に残しておきたいものはこの原本還付をすると、登記が終わったあとに返却してもらえます。

法務局に申請する

作った申請書やその他書類をまとめて、法務局に申請します。申請は窓口に出向いても、郵送でも、インターネットでも可能です。だいたい窓口にいってやっているか郵送です。

法務局から書類を引き上げる

登記が完了したら、法務局に行って完了後の書類を引き上げます。郵送で返してもらうことも可能です。

登記簿を取得して確認する

法務局で登記簿を取得して、自宅の抵当権がちゃんと消えているか確認します。

銀行に返却書類を郵送する

代表者事項証明書など一部書類を銀行に返却します。

難易度

完了してしまえばこんなもんかと思うでしょう。ほとんどの人が人生で1回しか経験しませんし、またこれをやるのか…というため息もでないでしょうから。

書類を紛失してしまったとか、銀行から発行してもらった書類に間違えて記入しちゃったとかそういう他の用事でもありうるトラブルは起きえますが、作業内容自体は難解な作業ではなく、決められたところに決められた内容を書いたり、コピーしたり、ホッチキスで留めたり、印鑑を押したりという作業のみです。

ただ、こういったお固い書類を見ただけでうんざりする人は、法務局の相談コーナーで説明される話しも聞きたくなくなってくるかもしれません。また、どうにも自分でやるには不安感が拭えないという方も手が止まってしまうでしょうね。

あと、不備があったりすると何度も法務局に出向いたり、郵送しなおしたりと手間が膨らむこともあります。慣れていない作業なのでありがちなことで、簡単だと聞いていたのに時間がかかってしまい大変だったという声もあります。軽く考えすぎると、いケアレスミスで法務局に何度も行くはめになるかなと。

司法書士に任せるとどうなるのか?

司法書士への委任状に住所氏名を書いて、ハンコを押すだけです。あとは待っていれば、抵当権が消えた登記簿(登記事項証明書)が郵送されてきたり、直接渡されたりします。ただそれだけです。

手数料は、住宅ローンの単純なものなら1万円前後から1万円後半といったところでしょうか。一般的なものでなくなり、手間が増えるものは当然手数料もアップします。

ネットでは3000円くらいでやってくれるところもあるみたいです。これは安すぎだと思いますが、どうなんでしょうね…

まあ、面倒くさい…こういうのは専門家に任せたい、という人、自分の時間を他のことに使いたいという人は司法書士を利用してください。